法学部について

三つの方針

学位授与の方針

法学部は、深い教養を備え、モラルと融合した感性豊かな法的素養を有する指導的職業人の育成を目的とし、以下を満たした学生に対し、学位を授与します。
1.法に関する基礎的知識を習得している者
2.法を適切に解釈適用し、公正衡平な解決を導きうる技能を習得した者
3.社会に存在する諸課題を多角的に分析するための幅広い教養、および法に関する知識ならびに技能を用いて諸課題を解決に導こうとする志向性を身につけた者。
4.学部所定の単位を修得した者

教育課程編成・実施の方針

法学部では、学部の教育目的を実現するため、以下のような方針に沿って、教育課程を編成・実施しています。
1.「考える力(様々な社会問題と向き合い、その解決を見いだす能力)」を修得するための、演習やゼミナールを中心主体とした、少人数教育の実践
2.幅広い一般教養を習得するための一般教養科目および特定教養科目の設置
3.専門知識を体系的に修得するための、コース制(公共政策コース、企業法コース、現代社会コース)の採用、および、専門知識を習得するため講義・演習(ゼミナールを含む)を中心とした「専門科目(基本法科目群、コース別科目群)」の設置

入学者受入れの方針

<求める人物像>
法学部では、学部の教育目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。
1.法律、政治、社会問題に広い関心を持ち、基礎的学力を有する者
2.「考える力」および「生き抜く力」を養い、将来実社会で活かしたいと考える者
3.学習のみならず物事に意欲的、かつ継続的に取り組む姿勢の者

<入学までに身に付けてほしい知識・能力等>
あらかじめ当該教科に係る科目をよく勉強して、入学までに以下のような知識・能力等を身に付けておくことを望みます。
1.国語
現代文などの読解力
2.公民
政治経済などの基本的知識
3.地理歴史
時代背景や社会環境などの基本的知識
4.外国語
英文などの外国語の基礎的読解力
注:以上は、法学部で教育を受けるにあたってあらかじめ身に付けておいてほしい主な知識・能力等を列挙したもので、出願資格・条件とは関係ありません。

ページの先頭へ戻る