法学部について

教育目標 / 三つの方針

法学部法学科は、法の成り立ち、仕組み、あり方を探求することによって、深い教養とモラルとが融合した、感性豊かな法的素養を有する指導的職業人を養成することおよびそのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的として定めています。その実現のために、以下のように、「教育目標」ならびに「卒業認定・学位授与の方針」、「教育課程編成・実施の方針」および「入学者受入れの方針」を一体的に定め、公表します。

教育目標

法学部法学科は、その学士課程教育プログラム(正課外のものも含む。)を通じ、持続可能でより良い豊かな和平社会を築くための一個の重心・芯となるべき人材として、法学分野における「モラリスト×エキスパート」を養成することを教育の目標とします。

卒業認定・学位授与の方針

法学部法学科の課程を修めたうえで、下記の能力・資質を身につけた者に学位を授与します。

<関心・意欲・態度>
・社会に存在する諸課題を多角的に分析しようとする態度を身につけている。
・法に関する知識ならびに技能を用いて諸課題を解決に導こうとする志向性をもっている。
・人権感覚、公と私の区別、権限・責任の自覚をもっている。
<思考・判断・表現>
・社会に存在する諸課題を多角的に分析できる能力を身につけている。
・異なる意見を整理し、コンセンサスを得るための調整能力を身につけている。
<知識・理解>
・法に関する以下の基礎的知識を修得している。
 a.日本国憲法を中心とする国家規範の構造
 b.制定法の理解と、その基礎にある様々な価値観や法原理
 c.法を運用する様々な職業・機関
<技能>
・法を適切に解釈適用する技能を修得している。
・公正衡平な解決を導きうる技能を修得している。
・調整能力、弁論能力、交渉力、組織マネージメント能力、危機管理能力等を身につけている。

教育課程編成・実施の方針

法学部法学科は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力・資質を身につけるために、教養的科目、専門科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習を適切に組み合わせた授業を開講します。
・幅広い教養を修得するために一般教養科目および特定教養科目を設置します。
・問題意識、調査能力および分析力を涵養するために法学基礎演習を設置します。
・卒業後のキャリアを意識したコース制を採用し、カリキュラムを編成します。
・専門知識を修得するために、講義・演習科目を設置します。
・専門キャリア意識を涵養するために、基礎教養教育を実施します。
・「考える力(様々な社会問題と向き合い、その解決を見いだす能力)」を修得するために、演習やゼミナールを設置し、少人数教育を実践します。.

入学者受入れの方針

法学部法学科では、学部学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・法律、政治、社会問題に広い関心を持ち、基礎的学力を有している者。
・「考える力」および「生き抜く力」を養い、将来実社会で活かしたいという意欲をもっている者。
・学習のみならず物事に意欲的、かつ継続的に取り組む姿勢を身につけている者。

〔学力の三要素に即した求める人物像〕

<主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度>
・「考える力」および「生き抜く力」を養い、将来実社会で活かしたいという意欲をもっている者。
・学習のみならず物事に意欲的、かつ継続的に取り組む姿勢を身につけている者。
・世代や国籍にとらわれることなく、自ら働きかけ協働できる者。
<思考力・判断力・表現力>
法律、政治、社会問題に対する関心をもっている者。
・得た知識・技能を基に自ら思考を深め、問題解決に向けて適切に判断し、自らの考えを表現できる者。
<知識・技能>
・地歴・公民の基礎的知識、および国語・英文等の読解力を身につけている者。

〔高等学校等で修得すべき具体的内容〕

国語
・現代文などの読解力
公民
・政治経済などの基本的知識
地理歴史
・時代背景や社会環境などの基本的知識
外国語
・英文などの外国語の基礎的読解力

〔入学者選抜方法における評価の項目および該当する試験区分(入学者選抜方法と求める人物像の関係)〕

:最も重視する要素、:重視する要素
入学者選抜方法 該当試験制度区分 <知識・技能> <思考力・判断力・表現力> <主体性・協調性>
個別学力検査(教科) 一般(2月前期・後期・3月)  
センター試験 センター利用  
個人面接

AO(前期)
公募制推薦
指定校推薦
付属・準付属校
外国人留学生
海外帰国
社会人

 
集団面接 AO(前期)
公募スポーツ入試
 
小論文

海外帰国(作文)
社会人

 ◎  ○  
エントリーシート・志望理由書 AO(前期)
公募制推薦
 
事前課題レポート・作文 AO(前期)
指定校推薦
   
適性試験(英語) 外国人留学生    
調査書※

AO(前期)
公募制推薦
指定校推薦
付属・準付属校

   
 ※一般(2月前期・後期・3月)・センター利用において調査書は参考資料とする


ページの先頭へ戻る