法学部教育の特色

コース制

3コース&プログラム制

 法律には様々な分野があります。立正大学法学部では、学生が将来の進路に応じて体系的に学修を進められるようにするために、3つのコースとその他のプログラムを用意しています。

コース制とは

 入学の段階で、関心のある分野や将来のおおよその進路に応じて選択する履修制度です。法学部では、企業法コース、公共政策コース、現代社会コースの3つのコースを設けています。

※入学時には、「企業コースまたは公共政策コース」か「現代社会コース」かのどちらかを選択します。
 入学後、1年次9月の段階で「企業コース」か「公共政策コース」かのどちらかを選択します。

プログラムとは

 各コースでその分野の基本となる法の知識を身につけた上で、卒業後の具体的な進路のために必要な学修を発展的に続けるための履修の指針です。

特別プログラムもあります

 学生が、学修の意欲・資質に応じて卒業後の可能性をより広げられるようにするため、特に発展的なプログラムとして特別プログラムを設けています。たとえば、語学の知識があれば、各コースやプログラムで修得した法学の知識を生かすフィールドは大きく広がります。また、法学の知識・思考力をより深化させれば、将来法律専門家として活躍することも可能です。

3コース制&特別プログラムイメージ  

公共政策コース—「社会を創る」ために。

私たちの暮らす国や地方自治体などを形づくり、動かしていくための法(社会統治に関する法)の原理や原則を確実に習得することを目的とするコースです。社会のしくみの基本を学ぶことで、将来、各種の公務員や政治家など、公共・政策のフィールドで活躍したいと考えている人が、その基礎力を養います。

<公共政策コース向けプログラム>
  1. 公務員・行政書士プログラム
    国家公務員、地方公務員、裁判所職員、あるいは市民と行政とをつなぐ職業(行政書士)などを志望する学生が選択するプログラムです。憲法、行政法など、多くの公務員採用試験に必須となる科目を重点的に学びます。
  2. 警察官・消防官プログラム
    警察官、消防官などを志望する学生が選択するプログラムです。採用試験に必須となる教養的科目と、憲法、行政法、刑法など、実際に警察官、消防官となった際に必須の法知識を中心に学びます。
  3. 国税専門官・税理士プログラム
    国税専門官、税理士などを志望する学生が選択するプログラムです。税法、簿記、会計などの科目を重点的に学びます。大学院との連携により、税理士資格の取得に向けた学修が可能です。

企業法コース—「社会の中で生きていく」ために。

財産、契約、会社、家族など、私たち市民の日々の暮らしに直結する法(社会生活に関する法)の原理や原則を確実に習得することを目的とするコースです。社会生活上の様々なルールの基本を学ぶことで、将来、各種企業を経営したり、企業のスタッフとなって、民間フィールドで活躍したいと考えている人が、その基礎力を養います。

<企業法コース向けプログラム>
  1. ビジネス法務プログラム
    一般企業のスタッフとして、あるいは経営者として活躍することを志望する学生が選択するプログラムです。民法、商法、会社法、消費者法など、ビジネス法務やコンプライアンス(法令順守)に必須となる科目を重点的に学びます。
  2. 不動産・金融法務プログラム
    不動産取引、金融取引の分野で法知識を活かして活躍することを志望する学生が選択するプログラムです。民法、商法に加えて、不動産法、金融法取引法など、これらの分野で必要となる科目を重点的に学びます。

現代社会コース—「社会を知る」ために。

環境問題、消費者問題など、現代社会の諸問題を、法の側面から理解するための基礎力を習得することを目的とするコースです。法と社会とのかかわり方を様々な角度から学ぶことで、将来、フィールドを問わず、法知識を実社会、あるいは実生活の改善に活かすことできる教養を身につけたいと考える人が、その基礎力を養います。

<現代社会コース向けプログラム>
  1. 情報・メディアプログラム
    主に、報道、インターネット等、現代社会に不可欠な、情報やメディアに関する諸問題を取り扱います。憲法、行政法、情報法、知的財産法などを学びます。
  2. スポーツと法プログラム
    スポーツに関心を持ち、将来スポーツの分野で法の知識を活用したいと考える学生が選択するコースです。スポーツの普及促進や、スポーツマネジメントに関する問題を法的な観点から学びます。
  3. 教職プログラム
    中学校教諭I種(社会)、高等学校教諭I種(地歴・公民)免許を取得するためのプログラムです。

特別プログラム

  • 語学・留学特別プログラム
    TOEIC対策、語学研修、留学などを内容とし、英語の素養、国際感覚を身につけたい学生のための特別プログラムです。
  • 法曹養成プログラム
    法科大学院に進学し、将来裁判官、弁護士、検察官等として活躍したいと考えている学生や、司法書士試験など、難易度の高い法律専門資格の受検を考えている学生のための特別プログラムです。

ページの先頭へ戻る