法学部教育の特色

学修成果の検証

 法学部では、学修の習慣を身につけ、自己の能力を的確に把握し、学修計画を立てられるように、学修成果を検証するシステムを導入しています。
 1年生の1期で「文章基礎講座」を全員履修します。この授業は、大学生として必要な文章作成力や読解力、論証力や論理的思考力、対話における言語活用力などを身につけることを目的としたものです。この授業の履修後、全員が日本語検定試験3級を受検します。
 また、1年生の1期で「法学入門」「憲法入門」「民法入門」「刑法入門」を全員履修した後、法学検定試験ベーシックを全員が受験します。

ページの先頭へ戻る