教育内容

入学者受け入れ方針

求める学生像

法学研究科では、本研究科の教育研究上の目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。

  1. 高齢化社会、国際化社会、情報化社会の進行に伴って生じる様々な問題に積極的に対応することができる者
  2. 高度な専門的知識と能力を有する法的教養を持った公務員、専門的職業人を目指す者
  3. 社会人学生は、社会における法学的な実務上の問題解決に必要な社会経験と能力と意欲を持ち、法的な教養を深めることに積極的な者

入学までに身に付けてほしい知識・能力等

法学研究科で学修・研究するにあたって、あらかじめ以下のような知識・能力等を身に付けておくことを期待します。

  1. 専門的職業人(税理士、行政書士、司法書士、社会保険労務士、等)を目指す者は、法学に関する専攻分野の基本的な知識と経済・社会分野の基本的な問題解決能力
  2. 公務員を目指す者は、法学・政治・経済分野の基本的な知識
  3. 専門的職業人・公務員のリカレント教育を受ける者は、法律問題、社会・政策問題の基本的な分析能力

ページの先頭へ戻る