受験生向け

入学前教育について

「法学」という学問は、法を適用することで社会の諸問題を解決するという力を習得していくものです。そのため、法学を学ぶには、現代社会に強い興味をもち、現実の世の中の仕組みを理解する必要があります。また、入学後に法学部の授業をスムーズに受講してもらうための準備も欠かせません。
そこで、立正大学法学部では、AO入試、指定校推薦入試、公募制推薦入試に合格し本学部に入学予定の方に対して、本学部専用に作成されたDVDを利用した映像学修や、課題図書に関するレポート提出といった入学前教育を実施しています。

過去の課題図書

  • 池上彰『伝える力』(PHPビジネス新書)
  • 森達也『死刑』(朝日出版社)
  • 久保博司『誤認逮捕—冤罪は、ここから始まる』(幻冬舎新書)
  • 瀧本哲史『武器としての決断思考』(星海社新書)等

ページの先頭へ戻る