受験生向け

在学生紹介 財務省関東財務局 合格

在学生紹介
財務省関東財務局 合格
小川 慶大 さん

埼玉県桶川高等学校出身、法学部公共政策コース4年

目標を持って充実した大学生活をおくってほしい

 高校生の時に、ドラマで行政書士という仕事を知り、法律の知識を介して人の生活に役立つ仕事がしたいと思い、法学部への進学を希望しました。いくつかの大学を検討する中で、立正大学は専門的な資格取得のためのサポートが特に充実している点に惹かれました。入学後、行政法などを学ぶうちに公務員という仕事にも興味を持ったため、2年次には法学部の行政書士課外講座とあわせて公務員試験対策講座を受講しました。2年次に挑戦した行政書士試験は残念ながら不合格でしたが、自分で勉強を続け、3年次に無事に合格することができました。
 行政書士の資格を取得するかたわら、「人々の生活の基礎的部分で役立つ、国の営みに直接かかわる仕事がしたい」と考えるようになり、国家公務員へと将来の仕事の志望をシフトしていきました。
 公務員試験は受験範囲が広いため、暗記科目などはコンパクトにまとめたノートをつくって通学時間を学習に充てるなど、時間を無駄にしないよう工夫しました。また、講座を受講するといつでもどこでも繰り返し視聴できるようになるWEBでの講義動画を、自宅での学習に活用しました。そのほか、公務員試験では、面接で時事問題や政策に関わる質問が出されることも多いため、関連のニュースには目を通し、自分なりの考えをまとめておくことにも気を配りました。内定をいただいた財務省は、ほかの省庁と連携する仕事も多いため、今後も積極的に幅広い知識を学び続けていきたいと思います。
 高校生の皆さんには、何か目標を持って入学することをお勧めします。目標が明確であれば、物事の優先順位もつけやすいですし、やり遂げようという気持ちも強くなります。ぜひ有意義な大学生活を過ごしてください。

在学中の思い出

 

泊りがけで勉強や討論をするゼミ合宿は、大学ならではの経験で思い出深いです。写真は最初のゼミ合宿で、那須動物公園に行った時のものです。

ページの先頭へ戻る