受験生向け

卒業生紹介 三海 海音 さん

卒業生紹介
中央区役所(特別区)
三海 海音 さん 

千葉県立柏井高等学校出身、平成31年3月法学部公共政策コース卒業

法律は暗記ではなく、突き詰めて考える学問

 高校の進路選択の際に「将来は人の役に立つ仕事をしたい」「地域密着の仕事がしたい」という希望を伝えると、先生から地方公務員を勧められました。公務員試験を受けるなら法学部がよいと考え、いくつかの大学のオープンキャンパスに参加したところ、立正大学は公務員講座をはじめとする課外講座が充実していたため、進学を決めました。
 大学で法律を学び始めると、法律は単に六法全書の条文や判例を暗記するのではなく、それをもとに、自分で理論を組み立て、とことん考える学問なのだと気づきました。ものごとを突き詰めて考える作業は難しい反面、どんな仕事でも役に立つ論理的な力を養うことができると思います。
 ゼミでは、他大学の学生との討論会やゼミ発表など、勉強になることがたくさんありました。なかでも、副ゼミ長を務めたことは、それまで役職についたことのなかった私には、非常によい経験となりました。
 公務員試験のために、法学部の講座を受講していましたが、出題範囲が広く、とにかく必死で勉強しました。ただ、私は長時間集中することが苦手なので、短時間で質
のよい勉強ができるように、勉強をする環境を整えたり、定期的に甘いものを食べて疲れをとったりするように工夫しました。周囲から「1日10時間勉強している」というような話を聞くと焦る気持ちもありましたが、最後まで自分のペースを崩さず、努力を続けたことが合格に繋がったと思います。論文の時事問題対策のために毎日のニュースを詳しくチェックしていたのですが、すっかり習慣づいたので、これからも続けていきたいです。

在学中の思い出

2年次の2月のゼミ合宿で秩父に行ったときの写真です。副ゼミ長として手配に奔走したので、無事に終わってほっとしました。

公務員試験の課外講座で使っていた、参考書と問題集です。ぼろぼろになるまで使い込んだ問題集に、我ながらがんばったと実感します。

ページの先頭へ戻る