受験生向け

卒業生紹介 西澤 隼 さん

卒業生紹介 地方公務員一般職
北本市役所
西澤 隼 さん

埼玉県北本高等学校出身、平成29年3月法学部法学科現代社会コース卒業

北本市役所職員になって

 平成29年度現在、こども課で子育て支援業務を行なっています。主に児童手当を担当しています。児童手当は中学校修了までの子供を養育されている方に支給される手当です。業務の大半は窓口業務ですので、市民の方々との触れ合いも大事にしています。

北本市役所を目指したきっかけ

 私は生まれも育ちも北本市であり、北本市がとても大好きなので、地元で働きたいという気持ちが強かったのと、高校生のときから公務員になりたいと思い、公務員に必要不可欠な法律の知識を学ぶため、立正大学法学部に進学することにしました。3年次から公務員講座を受講し、講師の方々の手厚いサポート、同じく公務員を目指している仲間たちとお互いに競い高め合い、北本市役所に合格することができました。
 今後は北本市に恩返しをするためにも、誠実に市民の方々と向き合い、信頼される市職員になれたらいいなと思っています。

後輩へのメッセージ

 大学時代にはサークル活動やアルバイトなどに励み、いちばん力を入れて取り組んだのがゼミナール活動です。刑法ゼミナールに所属していましたが、刑法というのは答えというのがなく、考え方によって様々な結論が導き出せるので、“考える力”を養うことが出来ました。様々な経験、活動が公務員合格につながったと思います。

在学中の思い出

 

ゼミナールの4年生で箱根に旅行に行ったときの写真です。ゼミでは合宿の幹事として、尽力していました。とてもいい思い出です。

所属していたソフトテニスサークルの写真です。先輩、後輩関係なく和気あいあいとした楽しいサークルでした。

ページの先頭へ戻る