受験生向け

卒業生紹介 田尻 脩 さん

卒業生紹介
千葉市役所(地方上級)
田尻 脩 さん 

東京都立篠崎高等学校出身、平成31年3月法学部現代社会コース卒業

大学では自ら積極的に学ぶ姿勢が重要

 法学部を選んだのは、高校生の時に高大連携の取り組みとして、立正大学の法学部の授業を受けたことがきっかけです。映画を題材にした高校生にもわかりやすい内容の授業で、それまで遠いもののように思っていた法律が、身近なものだと実感できました。また、漠然とですが、高校生の頃から将来の仕事として公務員を選択肢の一つとしていたため、法学部で公務員試験に備えた勉強をしたいという気持ちもありました。
 入学後、実際にさまざまな法律を学んでいくと、お金の貸し借りや遺産相続など日常的な問題を扱う民法をはじめ、人が社会で生きていく上で、多くの法律が関わっていることを知りました。「法律は難しそう」と思っている高校生の方には、自分の生活と法律との関わりを調べてみることをおすすめします。きっと興味が湧いてきますよ。
 公務員試験の準備としては、2年次から開講される法学部の公務員講座を受講していました。受講当初は試験範囲の広さや苦手な経済関連の科目に、心が折れそうになりましたが、「頑張るべき時には頑張るしかない」と割り切って自分を鼓舞しました。授業内でわからないことがあれば、講師の方へ積極的に質問し、必ず疑問を解決するように心がけました。2年次までは、学費を稼ぐためのアルバイトやフットサルサークルの活動にも励んでいましたが、3年になってからは、公務員試験を含めた勉強を大学生活の中心に据えて、自分なりに精一杯努力しました。
 念願叶って千葉市役所への就職を叶えることができたので、これからも積極的に学ぶ姿勢を忘れずに、周囲に必要とされる社会人になりたいです。

在学中の思い出

ゼミ大会では、天皇の退位について、憲法上どのように扱われるかをまとめました。学者や国会議員など、さまざまな意見を調べ、勉強になりました。

小学生から高校生までサッカーをやっていたので、大学ではフットサルサークルに入り、勉強の合間に汗を流しました。

ページの先頭へ戻る