受験生向け

卒業生紹介 渡邉 奈々 さん

卒業生紹介 地方公務員一般職
渡邉 奈々 さん

大妻嵐山高等学校出身、平成28年3月法学部法学科公共政策コース卒業

蓮田市役所職員になって

 平成29年度現在、福祉課保護担当でケースワーカーとして生活保護の業務に携わっています。担当している世帯を直接訪問して生活実態を把握し、各世帯に合わせた支援・指導を行いながら、毎月の支給額を計算する事務作業を行っています。

蓮田市役所職員を目指したきっかけ

 やりたい仕事が決まらないまま、就職に強そうという理由で法学部に進学しました。そのため、入学してからもなかなか進路を決めることができず、公共政策コースから企業法コースへの変更も検討しました。そんな自分が市役所に就職すると決めたのは、働き続けたいという思いからでした。女性でも定年まで働くことができる福利厚生等が整っている公務員に地元でなり、働き続けたいと考え、蓮田市役所を受験しました。残念ながら在学中に合格することはできませんでしたが、無事1年後合格し、現在蓮田市役所で働いています。そして、これらの決断を下すことができたのは、ゼミで先生や友人と進路について悩みを共有することができたからでした。

後輩へのメッセージ

 進路関係なく興味をもったものを学ぼうと決め、刑法ゼミに入りました。そこで、進路についての答えを見付けることができました。結果現在、直結はしませんが、刑法も関係する部署に勤めています。当時の進路に関係なく興味をもったものを学ぶと決めた選択が、今の自分を作り上げていると考えています。何が進路を決めるきっかけになるかわからないので、将来を見据えすぎず、今興味があることを学んでいくということが大切なのではないかと思います。また、在学中は課外講座を利用しませんでしたが、卒業後に予備校へ通いました。独学での受験と独学でない受験の両方を経験しましたが、勉強時間・情報量・環境に大きな差があるので、比較的低額で受けられる法学部の課外講座を活用することをお勧めします。

在学中の思い出

 

 4年次の夏休みにゼミ合宿で那須に行きました。サプライズで誕生日を祝ってもらえたことは、自分にとってとても大切な思い出となっています。

 市役所の試験後に高校の友人とスキューバダイビングをしました。生まれて初めて足を踏み入れる水深15mの世界に感動しました。

ページの先頭へ戻る