教員紹介

教員紹介 新井 敦志

教授
新井 敦志(あらい あつし)
Professor
ARAI, Atsushi
主な研究テーマ
時効制度の研究

プロフィール

1961年、群馬県生まれ。早稲田大学法学部卒業、同大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。酒田短期大学助教授を経て、2001年、立正大学に着任。最近の趣味は、①都心の崖登り、②ご近所の神社めぐり、③うさぎ追い(*継続中)。好きな場所は、①東北(山形・秋田)の温泉地、②田沢湖高原、③東京カテドラル関口教会(パイプオルガンの演奏会(お祈り付き)が気持ちいい)、④スコットランド、など。好きなことは気の合う人間と昼間っからおいしいビールを飲むこと。嫌いなことは雑用(にゃー)。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

専門領域は民法の財産法。現在の研究テーマは、①消滅時効・除斥期間を中心とする「権利行使の期間制限」、②取得時効、③民法(財産法)における類推適用論、④民法技術学とリーガル・マインド論、⑤アダム・スミスとボワソナード、など。
最近の研究業績としては、論文「消滅時効の援用の法的性質について」(『立正大学法学部創立30周年記念論集』(2012年)所収)、判例評釈「民法94条2項および110条の類推適用について—最一小判平成18年2月23日を素材として」(立正法学論集47巻2号(2014年)所収)、書評「立命館大学法学叢書第15号・松本克美『続・時効と正義—消滅時効・除斥期間論の新たな展開』」(立命館法学349号(2013年)所収)、など。

講義・演習について

担当科目「民法総則」について
民法というのは、物の売買や貸し借りなどの契約、土地や建物などの財産に関する権利関係、夫婦や親子などの家族に関する権利や義務など、私たち市民の日常生活に深く関わっているルールを集めた法律です。そして、民法総則とは、その民法の通則的なルールを集めた部分のことです。授業では、この民法総則の部分に置かれている制度や規定について、身近な例を使いながらできる限り分かりやすく解説しています。

ページの先頭へ戻る