教員紹介

教員紹介 大島 英樹

教授
大島 英樹(おおしま ひでき)
Professor
OSHIMA, Hideki
E-mail
auxin@※※※.ac.jp
(※※※はris)
主な研究テーマ
教員および社会教育職員の生涯発達

プロフィール

東京都葛飾区出身。1992年東京大学農学部卒業。1999年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。
2001年立正大学文学部専任講師、心理学部を経て現職。2009年~2010年品川区区民と区との協働を進める懇話会副座長。2009年~葛飾区社会教育委員。
ゼロメートル地帯で育ったので、海と山のある景観に惹かれます。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

学校教育と社会教育。それらをつなぐ成人の環境教育。その担い手としてのNPOの活動に関心があります。現在は、教育の社会的規定の原理としての「教育化」概念に注目しています。

主な研究業績
『若年雇用問題の背景と課題、展望』(成文堂、2015年)=編集
『自治の力を育む社会教育計画』(国土社、2014年)=分担執筆
「NPO法改正にもとづく公益性の基準に関する検討」『立正法学論集』(2014年)
『3・11を契機に子どもの教育を問う』(創風社、2013年)=共著
「教師の生涯発達研究への序論的考察」『立正大学心理学研究所紀要』(2008年)など

講義・演習について

〔教育と法〕「教育」という言葉から、ほとんどの人が頭に浮かべるのは、学校教育のイメージでしょう。ところが、それは多様な教育の姿の、一部にすぎません。
この科目では、教育観の拡張からはじめて現在の教育法体系を概観し、社会のあらゆる場面に存在する多様な教育活動との出会いへと誘います。

ページの先頭へ戻る