教員紹介

教員紹介 相澤 育郎

助教
相澤 育郎(あいざわ いくお)
Assistant Professor
AIZAWA, Ikuo
E-mail
iaizawa@※※※.ac.jp
(※※※はris)
主な研究テーマ
刑事政策、犯罪学、受刑者処遇、刑務所医療

プロフィール

1982年京都生まれ。龍谷大学法学部、龍谷大学法学研究科、九州大学大学院法学府を経て、立命館大学で専門研究員として勤務。2019年より現職。実家では、シロとケンという2匹の猫を飼っていました。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

私の研究は、犯罪や非行に及んだ人たちの法的な取り扱いや、社会復帰のための支援のあり方を考えるものです。
例えば、犯罪をして懲役刑などを言い渡された人たちは刑務所に入らなければなりませんが、そこでの生活には、どの程度の自由制約がかされるのでしょうか。好きなものを食べたり、オシャレをしたり、家族と電話をすることは許されないのでしょうか。
また、犯罪をした人たちのほとんどはいずれ社会に戻ってくることになるのですが、そのためにどのような施策が必要なのでしょうか。そうした人たちは危険な存在だから、強制的にでも「治療」することが許されるのでしょうか。それとも、社会に出た後に本人が望ましい人生を歩むための「支援」であるべきでしょうか。
このような様々な問いに答えるために、外国の法律との比較研究をしたり、社会学や心理学、社会福祉学などの他の分野の専門家との共同研究をしたりしています。刑事法の中ではややマイナーな領域ですが、多くの学生に関心を持ってもらいたいと思っています。
【著書・論文】
(分担執筆)「刑事司法における犯罪行為者処遇と社会復帰支援—受刑者の法的地位論、処遇モデル論および国際準則を中心に」刑事立法研究会社会内処遇班編『「司法と福祉の連携」の展開と課題』現代人文社(2018年)79-93頁
(分担執筆)「フランスにおける作業義務の廃止と活動義務の創設」本庄武・武内謙治編『刑罰制度改革の前に考えておくべきこと』日本評論社(2017年)179-196頁
(共編)『インクルーシブ社会研究 対人援助の新展開—理論・方法・制度の視点から—』立命館大学人間科学研究所(2017年)
(単著)「フランスの自由刑」比較法雑誌80巻(2018年)263-269頁
(単著)「レイモン・サレイユにおける『刑の個別化』の思惟」法政研究84巻3号(2017年)159-190頁
(単著)「刑事施設における医療倫理の国際的スタンダード」立命館人間科学研究52号(2017年)55-66頁
(単著)「フランスにおける刑罰適用裁判官の制度的展開(2・完)」龍谷法学49巻2号(2016年)233-285頁
(単著)「フランスにおける刑罰適用裁判官の制度的展開(1)」龍谷法学48巻3号(2016年)273-324頁
(単著)「フランスにおける刑罰適用裁判官の歴史的展開」龍谷法学48巻2号(2015年)177-219頁
(単著)「ソーシャル・インクルージョンと犯罪者処遇:「公正」と「効率」のモメントから」龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報5号(2015年)16-36頁

講義・演習について

主に刑法応用演習とゼミナールを担当しています。難解で抽象的な刑法の概念をできるだけわかりやすく、現実の適用にどのような違いが出るのかを確認しながら説明することを心がけています。この他に、課外ゼミ生向けの小論文指導も行っています。授業の質問や研究に関心がある人は、金曜4限のオフィスアワーに研究室を訪ねて下さい。

ページの先頭へ戻る