教員紹介

教員紹介 西谷 尚徳

准教授
西谷 尚徳(にしたに ひさのり)
Associate Professor
NISHITANI, Hisanori
E-mail
nishisanori@※※※.ac.jp
(※※※はris)
主な研究テーマ
大学教育に関する研究
初年次教育における文章表現指導に関する研究
アクティブラーニングやフィールドワークに関する研究

プロフィール

1982年生まれ。明治大学文学部卒(学士)、明星大学大学院人文学研究科教育学専攻博士前期課程修了(修士〔教育学〕)。プロ野球選手、高等学校(国語科)非常勤講師、大学非常勤講師を経て、2013年に立正大学法学部に着任。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

教育学(大学教育、初年次教育、教育社会学)を専門としています。いずれも幅広い学問分野ですが、⑴大学教育に関する研究、⑵文章表現における教授法と教育効果の検証、⑶アクティブラーニングやフィールドワークと教育的な協働学習の実践 を研究しています。他にも、体験型学習やコーオプ教育にも関心があります。

主な研究業績:
単著/西谷尚徳(2013)『国語表現Ⅰ』成文堂
単著/西谷尚徳(2014)『国語表現Ⅱ』成文堂
単著/西谷尚徳(2016)『社会で活躍するためのロジカル・ライティング 自己分析と文章力の養成』弘文堂


キーワード:大学教育、教育学、初年次教育、文章表現、フィールドワーク、コーオプ教育

講義・演習について

担当科目①「アカデミック・ライティング」
初年次教育の一環として、文章作成能力および文章読解の基本的な能力養成を目的とした、少人数制の授業です。大学生が持つべき「総合的な国語力」と「レポート・論文作成の基本的知識」の習得を基本としながら、特に論証力、論理的思考力などを身につけることを目的としています。

ページの先頭へ戻る