教員紹介

教員紹介 南部 あゆみ

特任准教授
南部 あゆみ(なんぶ あゆみ)
Associate Professor
Ayumi, Nanbu
E-mail
ananbu@※※※.ac.jp
(※※※はris)
主な研究テーマ
民法、区分所有法、インターネットと法律

プロフィール

1979年福井県生まれ。早稲田大学法学部卒、社会科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。2011~2012年度まで本学で専任特任講師を勤めたのち、平成国際大学に移り、2019年度から本職。本を読むのが好きです。15歳の時に読んだ小説がきっかけで法律を学ぼうと思い立ちました。最近はルポルタージュと推理小説を行ったり来たり。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

従来は不動産に関する研究をしており、地役権や不動産賃貸借、区分所有法を対象にしてきました。人々が都市という空間に集まって住むと、どうしても権利の衝突が生じます。それをどのように調整し、全体として快適な生活環境を維持すればよいのかという点に興味を持っています。
一方で、近年のインターネットの普及は、我々の生活スタイルをガラリと変えました。人やモノやサービスが、瞬時につながるようになったのです。それにより、我々は新しいビジネスや出会いを手にすることができ、また同時に未知のトラブルに遭遇するようになりました。インターネットの有用性を尊重しつつ、こうしたトラブルにどう対処していくか、それが現在取り組んでいるテーマです。

講義・演習について

法律を実際のトラブルにあてはめて、自分で物事の是非を判断できるようになることが演習の最終目標です。そのためには、①事実を正確に理解すること、②条文が何を意味しているのかを学ぶこと、③結論に至った根拠を示すことが欠かせません。意外とおろそかになるのが①です。事実は小説よりも奇なり。事実に興味をもてば、結論に至る道筋を考えるのも楽しくなります。また、自分が本当に知りたいと思うテーマをぜひ探してみてください。そこから社会に対する理解が深まりますよ。

ページの先頭へ戻る