教員紹介

教員紹介 中神 由美子

教授
中神 由美子(なかがみ ゆみこ)
Professor
NAKAGAMI, Yumiko
主な研究テーマ
西欧政治思想史(政治学史)。17-18世紀イングランド政治思想研究。特に、ジョン・ロックの政治思想を従来とは異なった観点から再構成しようとする試みを行っている。

プロフィール

東京大学 大学院法学政治学研究科博士課程(政治専攻)修了。 博士(法学、東京大学)。
趣味は、ブリティッシュ・「ロック」(もちろん音楽の方です)を聴くことと、映画鑑賞、美術館・建築物めぐり。これらの趣味を生かして楽しい授業づくりを試みている。
なお、拙著に関しては、2003年6月8曰付『読売新聞』書評欄、8月2曰付図書新聞等にて書評が掲載されています。http://www.sobunsha.co.jp/にて著者名検索して下さい。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

西欧政治思想史(政治学史)、特に17-18世紀イングランド政治思想研究。当該分野にて、2008年-2011年度 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C))獲得。
『 実践としての政治、アートとしての政治—ジョン・ロック政治思想の再構成』(創文社、2003年)<博士号取得論文に修正加筆。2002年度東京大学 学術研究成果刊行助成金獲得>。
' The Art of Government and Education for Gentlemen: John Locke's Political Thought Revisited ' (『立正法学論集』第39巻第1号、2005年)。
「J. ロックにおけるプライドと市民社会(文明社会)」(『年報政治学08-Ⅰ』2008年)
「T. ホッブズ『リヴァイアサン』におけるプライドと徳」(『年報政治学09-Ⅱ』、2009年)
『政治学』(共著・川出、谷口編)(東京大学出版会、2012年)第11章「民主政治の現在」
「早わかり 『政治学』・民主政の重層化と深化へ」(明るい選挙推進協会『Voters』19号 ・2014年)

講義・演習について

政治思想史
政治学

ページの先頭へ戻る