教員紹介

教員紹介 澤野 和博

プロフィール写真

教授
澤野 和博(さわの かずひろ)
Professor
SAWANO, Kazuhiro
E-mail
sawano@※※※.ac.jp
(※※※はris)
主な研究テーマ
損害賠償・医事法・不動産法

プロフィール

1966年に横浜で生まれる。早稲田大学法学部を経て同大学大学院法学研究科修士課程修了(修士[法学])、同博士後期課程単位取得満期退学。その後、名古屋経済大学法学部専任講師・同学部助教授・東北学院大学法学部准教授・同教授を経て、2015年に立正大学法学部教授に就任。また、横浜弁護士会に所属しており、子供の権利委員会等の活動に参加している。
東北学院大学勤務時は、ラグビー部部長として、ささやかながら東北地区11連覇にかかわり、我が子から「大学にラグビーを教えに行っていると」信じ込まれていました。

私の研究 (詳細は「教員情報リンク」から)

民法全体を研究対象としていますが、特に、損害賠償が認められるための要件や、損害賠償額の算定方法について、強く興味を持っています。この分野に関しては、学生向けの教科書である『マルシェ債権各論』(嵯峨野書院)の一般不法行為の解説部分や『法学講義民法6事務管理・不当利得・不法行為』(悠々社)の故意過失の解説部分などを執筆しています。
また、物権変動及び不動産登記に関連する問題にも、興味を持っています。この分野に関しては、『専門訴訟講座5 不動産関係訴訟』(民法研究会)などを共同執筆しています。

講義・演習について

演習は、4名ほどグループに分かれ、各回1つのグループに報告をしてもらい、それに対して他のグループが異なる立場にたって議論をするという形態をとっています。①自分の考えを明確に持つこと、②周りの人にそれをきちんと伝えること、③周りの人と協力し合える姿勢を身につけることが、演習の目標となっています。松岡修造なみに熱く「厳しく、楽しく」をモットーに進めていきます。
講義としては、「民法入門」「民法総則」「物権法」等を担当しておりますが、どの講義でも、パワーポイントを利用し、身近な例などを多用して、わかりやすく進めるように心がけています。授業で取り扱う内容には難しいものが含まれてきますが、授業の終わりに解いてもらう○×問題に正解できる程度の基本的知識を身に付けて頂くことを目標にしています。

ページの先頭へ戻る