法学部教育の特色

講義・演習・ゼミ・課外講座の連携

講義+演習+ゼミ+課外講座の連携

法学部のカリキュラムは、講義・演習(ゼミを含む)を中心として構成されていますが、これに課外講座を組み合わせることができます。

  1. 講義 法の制度や概念、条文、などの基礎的な知識を確実に身につける
  2. 演習 講義で得た知識の理解度を高め、問題演習等で応用力を高める
  3. 課外講座 法の知識と考える力を、資格試験、実戦の場で活かせるよう、レベルアップをはかる

学生は、講義・演習・課外講座を、各自の志望や目的に沿って組み合わせることができます。
それによって、無理なく着実に卒業後の進路へとつながる実力を身につけることができます。

講義・演習・課外講座

演習とは

演習とは、講義の知識を確実にし、応用力をつけるための授業です。学修進度に応じて、「基礎演習」から各種の「応用演習」「実務演習」といったように、基礎から実務レベルまで多様な講座が開講されています。

ゼミ(ゼミナール)とは

ゼミナールでは、2年次から4年次までの3年間、同じ教員のもとで一貫した教育・指導を受けます(ゼミナールⅠ~Ⅳ)。少人数によるアットホームな雰囲気の中で互いに刺激しあいながら、調査・整理・熟考・発表・討論などを通して、徹底して「考える力」を身につけて磨いていきます。

課外講座とは

資格試験や公務員試験といった目標を達成するために、正規の授業としての演習科目と連動する形で、外部専門学校と連携して各種の受験対策講座を開講し、具体的に目標を定めて意欲的に取り組む学生をサポートしています。また、各種公務員、司法書士、法科大学院志望者を対象として、法学部教員が直接指導する課外ゼミナールも3年次から設置しています。

ページの先頭へ戻る