Rissho University Faculity of Law

コース制とは

卒業後の進路を見据えた
3つのコースで法律を体系的に学ぶ

3コース制

法学部を卒業した後の進路は、実に多様です。立正大学法学部では、学生の将来の進路に応じて体系的に学修を進められるように、2年次から始まる 3 つのコースを用意しています。学生は、1 年次の 2 期(後期)にいずれかのコースを選択します。

社会公共コース

社会公共コース

公的機関等での職務に
必須の人権意識や国際感覚を磨く

国や地方自治体の運営において必要とされる法律知識を修得し、それを応用して公的なフィールドで活躍することを目標とする学生に
向けたコースです。国家公務員、地方公務員、警察官、消防官などの公務員や、行政書士や税理士などの士業を志す学生に最適なコースです。また、このコースでは、中学校・高校の教員や NPO などの団体職員として必要となる知識も効率的に修得することができます。

ビジネス法コース

ビジネス法コース

リーガルマインドを備えた企業人を育む

契約、財産、会社や労働問題など、市民生活を営む上で不可欠な法的知識を修得し、それを応用して民間フィールドで活躍することを目標とする学生に向けたコースです。民間企業に就職することだけでなく、あるいは自ら事業経営を起ち上げることを志す学生に最適です。また、司法書士や社会保険労務士など、企業活動に関わる法律専門家に必要となる知識も効率的に修得することができます。

特修コース

特修コース

双方向型・少人数講義を通して
法学の真髄に触れる

法律系の難関国家資格や国家公務員試験、大学院(法科大学院を含む)への進学等を意識した学生に向けたコースです。他コースと比べ、少人数講義が集中しているのが本コースの特長です。立正大学法学部の強みとする「教員と学生との距離の近さ」を生かし、教員と学生との双方向で実施される展開演習や判例研究により、ハイレベルな課題にチャレンジし、幅広くかつ深い法的知識を修得することを目指します。