受験生向け

課外ゼミナール

 法学部では、目標をもって学修に意欲的に取り組む学生の自修環境を支援し、もって法学部生全体の学修意欲を喚起するため、課外ゼミナールを開設しています。
 課外ゼミナール加入者には、法学部課外ゼミ室の利用を認める他、自修環境の整備等について特別の配慮を受けることができます。
 課外ゼミナールに加入できる者は、以下の各号に定める条件の全てを充足する者とします。
(1)法学部2年生以上の正規就学期間中の者
(2)原則として以下の各種採用試験、資格試験への合格を第1志望とする者。
 ア.国家公務員 (省庁(国家一般職以上)、裁判所、議員事務局、国税専門官、労働基準監督官)
 イ.地方公務員上級 (都道府県庁(行政・警察事務上級職)、特別区、政令指定都市上級職員)
 ウ.士業資格 (社会保険労務士、司法書士、税理士、法科大学院)
(3)法学部の実施する資格審査に応募し合格した者。

 課外ゼミナールは、1期(10月1日~2月末日)および2期(3月1日~9月末日)において開設し、その都度応募および資格審査を実施します。

ページの先頭へ戻る